口臭を撃退しよう!

2011年08月07日

口臭とは

口臭とは

口から吐き出される息とともに出てくる嫌な臭い、第三者にとって不快に 感じられるもの。
これが口臭です。

一般的に、自分自身で気づくことはあまりなく、知らずに周囲を不快な気分にさせていることがままあります。
では、この口臭のもとは何なのでしょうか?

口臭の正体は、口腔内に常在する微生物が作るガスと、肺から排出されるガスが混じったものです。
口臭と一言にいっても、その種類は3つあり
「生理的口臭」「食べ物による口臭」「病的口臭」にわけられます。

朝起きたときなどに感じる「生理的口臭」や、ニンニク、ニラなど、
臭いの強いものを食べたときに発生する「食べ物による口臭」は、
いずれも一過性のものであり、時間経過とともに薄れていくので、あまり心配はいりません。
歯磨きや、消臭効果のあるガムを噛んだりすることで解消することができます。

しかし、病的口臭に関しては、疾患による口臭が原因なので、もとを解消しなければ、
いくら歯磨きやオーラルグッズを使用したところで、一時しのぎにしかなりません。
ゆえに、一時的ではなく、慢性的に口臭がある人は、体内に何らかの疾患を抱えている可能性があるため、一度病院を受診することをおすすめします。

食べ物による口臭は自分でも気づきやすいものですが、生理的口臭病的口臭は自分自身では気づきにくいのが特徴です。

特に病的口臭は慢性的に続くので、周囲を不快にし続けるほか、知らないうちに体からのSOSサインを見逃している場合もあるので、
自分では自覚がなくても、ぜひ口臭チェックをしてみましょう。
チェック方法は測定器を使うことでもっとも信用性の高い結果を出せますが、自宅でもコップやビニール袋に呼気をため、自分で匂いをかいでみることでチェックすることができます。

口臭には、硫黄のにおいや生ゴミのようなにおい、甘いにおいなどさまざまな種類がありますが、これらの匂いによって、
現在自分がどこに疾患を抱えているかをある程度判別することも可能なので、ただ「口臭がある!」というだけでなく、
どんな臭いがするのかも調べておくとよいでしょう。

口腔内には、想像を超えるほどの多くの微生物が住みついています。
これらは、外部から侵入する病原菌をシャットアウトする役割を担っていますが、その活動の結果、むし歯を作ったり、歯周病を発生させたりあるいは、
このように口臭のもととなるガスを発生させたりします。

肺から出てくるガスとは、血液中に溶けている臭気の素となる物質が、肺におけるガス交換によって、呼気に含まれるものです。
たとえば、前日食べたニンニクの臭いや前日飲んだお酒の臭いです。
口臭の95%は口から吐く息に特有なものなのです。
posted by takoten at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。